Return to site

オリジナルドメインを設定する

strikinglyではカスタムドメイン、サブドメインを設定することができます。

· PRO,LIMITED,SEO,Strikingly活用ブログ

本日はインターネット上の住所であるドメインの話です。

ブラウザの上部に表示されているhttpから始まるアルファベットがドメインにあたります。

無料版のstrikinglyをご利用の方は、http://(任意のアルファベット).strikingly.com/というドメインになりますが、LIMITED版以上のプランをご利用されるとhttp://(任意のアルファベット)というドメインを設定できます。これをオリジナルドメインや、独自ドメイン、カスタムドメインと呼びます。

※正確にはhttp://の部分はドメインではなく、プロトコルという通信の種類を表します。これ以外にサーバーにファイルをアップロードする時に使うftp://などがあります。

ドメインは借りる

ドメインは、管理団体があり、そこからさらにレジストラと呼ばれる企業がドメインの登録業務を行っています。レジストラの下に更に代理店が仲介してドメインを借りることもありますが、レジストラから直接ドメインを借りることができます。

代理店から取得すると、仲介手数料が載るため多少通常より高い料金になると思います。

ドメインの種類

ドメインはドット区切りになっています。

ドメインの後ろが.comや.jp、.co.jpなどで終わっているものが多いと思います。

これはドメインの種類を表します。ドメインの種類によって管理団体が異なります。

.jpは日本を表すドメインです。.co.jpとなると日本企業を表すドメインになります。.comはインターネット全体を表すため広く使われているドメインです。

このように国や組織を表すドメインなど今はとてもたくさんの種類のドメインがあり、ドメインの種類によってドメインのレンタル料金も異なります。

基本的には.comが一般的で広く利用されており、レンタル料金も安いため、このドメインの取得をオススメします。企業であれば.co.jpは1法人に1つしか取得できないドメインですので、信頼感が出ます。

オリジナルドメインを取得するメリット

信頼感や、ドメインの伝えやすさが挙げられます。

またSEOにも良い影響があります。

strikingly上でドメインを取得する

設定画面のドメインという項目に、「新規ドメインの登録」というボタンがあり、ここからオリジナルドメインを取得することができます。

しかし、上記でも説明しましたが、ドメインを取得するにはレジストラかその下にぶら下がる代理店から取得できますが、strikingly自体はレジストラではありませんので、代理店となります。

ドメインはレジストラから取得しよう。

strikinglyからオリジナルドメインの取得する方法をご紹介しましたが、私はレジストラからドメインを取得することをオススメしています。

strikinglyでオリジナルドメインを取得すると、簡単にオリジナルドメインをstrikingly上に設定できるというメリットはあるものの、もしstrikinglyを解約するときに、オリジナルドメインだけ管理してもらうことが難しいからです。※但し、stikinglyから別の業者へのドメインの移管が可能です。詳しくはヘルプセンターの記事を参照ください。

外部のレジストラにオリジナルドメインを管理しておいてもらうと、もしstrikinglyをやめて、別のWebサイトを立ち上げられる時に、別のサーバーに取得されたオリジナルドメインを割り当てることができるからです。

お名前.com

国内にあるレジストラのうちの1社です。

GMOが運営しています。私もここをよく利用しています。

(画面操作中に自社の宣伝がやたらと多いので戸惑う方も多いかもしれませんが。)

ドメインをstrikinglyに向ける作業

オリジナルドメインを取得したら、strikinglyの設定画面から取得されたオリジナルドメインを設定しましょう。

レジストラからドメインを取得した場合は、これだけでは表示されません。

取得したドメインにアクセスした時に、strikinglyのサーバーを表示するようにレジストラ側のネームサーバーを設定する必要があります。

設定方法は、こちらのヘルプセンター記事を参照ください。

上記のページに、「お名前.com」、XSERVER、ムームードメイン、さくらインターネット、Value-Domainのそれぞれのサービスからオリジナルドメインの設定方法が詳細されています。

お名前.comの場合はこちらを参照ください。

サブドメインとは?

オリジナルドメインや、独自ドメイン、カスタムドメインなど色々な呼び名がありましたが、サブドメインは、それらとは意味が異なります。

オリジナルドメイン内の変更可能な一部分をサブドメインと呼びます。

例えば、example.comというドメインを取得したとします。

通常、インターネットを表すwwwという文字を付けてwww.example.comというドメインで設定するのが一般的です。(wwwなしで設定も可能です。)

このwwwの部分がサブドメインです。サブドメインを分けて複数のサイトを運営されるケースもあります。

例えば、コーポレートサイトをwww.example.com、ブログサイトをblog.example.com、サービスサイトをservice.example.comというように別けます。

1つのドメインで複数のWebサイトが運営できますし、それぞれのWebサイトが関連していることがわかるため、このように使われることがありますが、最近は1サイト内にコンテンツをまとめる傾向があるため、このように運用されるケースは減ったように思います。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等にご確認ください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly