Return to site

StrikinglyでのSEO対策2

SEOおよびWebサイトへの集客方法をご紹介します。

· SEO,Strikingly活用ブログ

前回に引き続き、今回もSEOの設定についてご紹介したいと思います。

まずは前回チェックした設定画面のSEO項目を確認しましょう。

前回は「サイトのタイトルを設定」についてご紹介しました。

StrikinglyのURLまたはカスタムドメインを設定

次はインターネット上の住所であるドメインの設定です。

無料版では「http://◯◯◯.strikingly.com」というURLになり、◯◯◯の部分は自分の好きな英数字を設定することができます。但し、他の人に使われていない必要があります。

初回の設定では、長い文字列「site-xxxxxx-xxxx-xxxx」のようなURLが設定されています。

このようなURLだと、人に伝えたり、URLを入力してもらうような時に面倒です。

短くて覚えやすいURLにすることをオススメします。

短くて覚えやすいURLにしたいと考えると、「.strikingly.com」の部分もなければいいなぁと思う方もいると思います。

その場合は、ここでいうカスタムドメイン(一般には独自ドメインと呼ぶ)を設定しましょう。

Limited版以上の有料プランにすると利用できます。

サイト詳細

サイト詳細とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンであなたのWebサイトを検索した時に、Webサイトのタイトルと一緒に表示されるサイトの説明文のことを指します。

この説明文にキーワードを入れることを意識する必要はありません。

どちらかというと、ここはそのページの情報を簡潔に表せると良いと思います。

前回の記事で、検索結果は店構えと同じというような話をしました。

ぜひWebサイトに入りたくなるような文章にしましょう。

※もちろん、実際のWebサイトの中身と異なることを書いてはいけません。あくまでもWebサイトの内容の要約だとお考えください。

無料のプランをご利用の方は、1ページのシングルページですが、ブログを書いたり、またはPRO版を利用して複数ページ作成する方がいるかと思います。その場合はページごとにサイト詳細が設定できるため、ページごとにそれぞれの要約を書きましょう。全て同じにするよりもSEO対策になります。

カテゴリーを設定

設定画面の基本情報のページに、カテゴリーを選択する欄があります。

正直ここに関しては、Strikingly上でどのような働きをしているのか不明です。

一般的なWebサイトのSEO対策には特にこのようなカテゴリーを選択することはありません。

Strikingly側で勧めている設定ですので、ぜひ一番Webサイトの内容に近いカテゴリーを選んでおきましょう。

SNSシェア用画像を設定する

今やFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSの存在は無視できません。

Webサイトで情報を発信する際には、SNSでシェアされることを意識した情報配信も重要になってきます。

上の画面は設定画面の「シェア用情報」メニューから設定できる画面です。

「SNSシェア用画像」という欄があります。

ここには縦横200pxの画像をアップロードしましょう。

SNS上であなたのWebサイトのURLを入力した時に、ここに設定した画像が表示されます。(サイト上で使われている画像が表示される場合もあります。)

情報がシェアされる時に魅力的な画像があると、より拡散されやすいので、ぜひ設定しましょう。

Favicon(ファビコン)

「SNSシェア用画像」の隣の設定項目の「Favicon」(ファビコン)は、ブラウザによって表示される場所が少し異なりますが、下の画面のようにタイトルと一緒に表示されるアイコンです。

お気に入り(ブックマーク)に登録した時にもタイトルと一緒に表示されることがありますので、あなたのWebサイトを識別しやすくします。

Google Search Console(旧ウェブマスターツール)に登録する

このSEOチェックリストには載っていませんが、前々回の記事でご紹介させて頂いた「Google Search Console(旧ウェブマスターツール)に登録する」は非常に重要です。

ぜひ設定をお願いします。

メールの署名や名刺、SNSにURLを載せよう

基本中の基本ですが、メールの文章や名刺、封筒、至る所でWebサイトを宣伝しましょう!

SNSをされている方はもちろん自分のSNS上でも紹介してください!

FacebookやTwitter、Instagramをされていない方でも、LINEをされている方は多いのではないでしょうか?(日本ではSNSの中では一番利用されているのがLINEです)

意外と知らない方も多いですが、自分のホームにあるウォール(掲示板のようなもの)に宣伝することで、結構周りに宣伝できます。

またビジネス系ではEightという名刺管理アプリもソーシャル機能があり、ウォールで宣伝できます。

SNSで宣伝する場合はハッシュタグをつけよう

SNS上で宣伝する場合は、ハッシュタグを付けると自分と直接つながっていない人にも宣伝することができます。

特にInstagramではハッシュタグの影響は絶大です。

ハッシュタグは「#+キーワード」の組み合わせで、本文の最後に並べます。

そうすると、SNS上でそのキーワードで検索した人に見つけて貰いやすくなります。

たとえば、上のInstagramの画面です。

Instagramでは残念ながらURLにリンクが貼られませんので、Webサイトへの誘導率は他のSNSに比べて低いかもしれません。しかし、SNS上のつながりのない方にもSNS上にアップしたコンテンツを見てもらえますので、イベント告知などでも有効です。

この場合は、#料理教室 #父の日 #おもてなし料理 #ハンバーグ というハッシュタグを付けています。料理教室を探している人や、父の日関連の情報を調べている人などに見てもらえやすくなります。

ぜひSNSに投稿する際は、ハッシュタグを設定しましょう!

Twitterなどは文字数が限られてますが、他のSNSでもたくさん文字を入力することができますので、関連するハッシュタグをたくさん入れてみてください!

以上が基本的なSEOやWebサイトへの集客手段になります。

本日ご紹介した内容をぜひ実践してみてください!

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等にご確認ください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly