Return to site

StrikinglyでWebサイトを作ったら、必ず設定したい項目(SEO対策)

ただWebサイトを作っただけでは人は訪れません。GoogleやYahoo!などの検索エンジンから検索されるようにする必要があります。

· Strikingly活用ブログ

StrikinglyでWebサイトを作ることはとても簡単です。

Strikinglyを使うことで、キレイなデザインの素晴らしいWebサイトが作れたとしても、誰にも見てもらえなければ意味がありません。

まずは最低限やっていただきたいことをご紹介します。

Google Search Console(旧ウェブマスターツール)に登録する

Webサイトの多くは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンからアクセスされます。

しかもほとんどの検索エンジンが実はGoogleの検索エンジンを使っているのです。

あのYahoo!もそうです。

ですから、Googleさんにまずは自分の作ったWebサイトの情報を知ってもらう必要があります。

そのためのツールがGoogle Search Consoleです。(昔はウェブマスターツールという名前でした。)

まずはGoogle Search Consoleにアクセスしてください!

※Googleの無料アカウントでログインする必要があります。

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

Googleのアカウントを持っている方は、Gmailのメールアドレス(Gmailではない場合もあります。)を入力して「次へ」を押して、その次の画面でパスワードを入力してください。

アカウントをお持ちではない方は、「その他の設定」というリンクを押してから表示されるメニューから「アカウントを作成」を押して、Googleアカウントの新規作成画面に移動してください。

ログインできた方や既にログインしていた方は、上記の画面が表示されます。

画面中央に入力欄がありますので、そこにあなたが作成したWebサイトのURLをhttp://から入力してください。※間違わないように注意してください!

入力できたら「プロパティを追加」と書かれた赤いボタンを押しましょう。

次の画面ではそのWebサイトが本当にあなたが所有しているWebサイトなのかを確認するための手続きを行います。

「おすすめの方法」というタブが選択されていますが、「別の方法」のタブを選んでください。

複数の確認方法が選べますが、その中で「HTMLタグ」という項目にチェックを入れてください。

上の画面で青枠で囲っている部分(content="✕✕✕"の✕✕✕の部分)をコピーしてください。

次にstrikinglyの設定画面に移動します。※まだ画面下の確認ボタンは押さずにそのままにしておいてください。

strikinglyの設定画面を開き、左メニューから「サービス」を選択してください。

Googleウェブマスターツールの認証という項目があります。

そこに今回コピーした文字をペーストし、保存ボタンを押してください。

その後、Webサイトの「公開」ボタンを押すと、Webサイト内にGoogleが指定したソースコードが記述されます。

そこまでできたら先ほどのGoogle Search Consoleの画面に戻り、画面下の「確認」ボタンを押します。※反映の確認ができるまで数分時間がかかる場合がありますので、その場合は「後で行う」ボタンを押して、しばらく時間を置いてください。

サイトマップ(sitemap.xml)を登録する

無事Google Search ConsoleにあなたのWebサイトが登録されると、GoogleはあなたのWebサイトを認識し、数週間後にはあなたのWebサイトがGoogleの検索エンジンに登録(インデックス化)され、検索できるようになります。

ここでもう一つ手を加えると、よりGoogleにあなたのWebサイトを知ってもらう手助けができます。

それはサイトマップ(sitemap.xml)の登録です。

サイトマップは、あなたのWebサイトの構成が書かれたファイルです。

通常、無料版でstrikinglyを利用されていると、シングルサイトになるため1ページしかありませんが、PRO版を利用してマルチサイトを利用していたり、ブログを使っている場合は、Webサイト内に複数ページ作成されます。

その場合、あなたのWebサイトの構成をGoogleに伝えておくと検索エンジンに登録されやすくなります。

上の画面は、Google Search Consoleに登録したWebサイトのダッシュボード画面です。

この画面が表示されていない方は、まずGoogle Search Console画面の左上のSearch Consoleの文字をクリックしてホーム画面に移動し、そこに表示されている自分が登録したWebサイトのURLをクリックしましょう。

上の画面のように、「サイトマップ」と書かれたボタンを押します。

サイトマップのページに移動すると、右上に「サイトマップの追加/テスト」と書かれた赤いボタンがありますので、押してください。

そうすると、入力欄が表示されますので、そこに「sitemap.xml」と入力してください。

※スペルを間違わないように注意してください。

入力したら「送信」ボタンを押して、登録完了です。

ダッシュボードに戻ると、URLが送信されていることがわかります。

以上がGoogleにWebサイトを登録する方法になります。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等にご確認ください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly