Return to site

Webサイトの表示速度

Webサイトの表示速度が遅いと、閲覧者の離脱率が上がってしまいます。

特にスマホからのアクセスはそれが顕著になっています。

· SEO,Strikingly活用ブログ

Webサイトの表示速度が閲覧者の離脱率に大きな影響を与えています。

離脱率とは、その名の通りWebサイトを離れる人の割合です。

特にスマホからの閲覧の場合、3Gや4G回線からのアクセスになるわけですから通常の有線などからのアクセスに比べて通信速度が遅くなります。

その為、スマホサイトの表示速度が離脱率に及ぼす影響が大きいのです。

GoogleもWebサイトの表示速度の向上を推奨

Googleの「Test My Site」というツールでは、Webサイトの表示速度を判定することができます。

SEOに関する記事でも書きましたが、Googleはユーザーにとって価値のあるWebサイトを上位表示するようなアルゴリズムで検索結果を表示しています。

その中にはやはりWebサイトの表示速度もある程度考慮されていると考えるのは普通でしょう。

表示速度が遅く、ユーザーをイライラさせるようなWebサイトを「ユーザーにとって価値のあるWebサイト」とは言いにくいからです。

上の画面キャプチャにも書かれている通り、世界のモバイル回線接続のうち70%が、2020年まで3G以下の速度のままであると予測されているそうです。

つまりスマホサイトを表示する場合は、3G回線にも配慮する必要があるということになります。

自分のWebサイトの表示速度を調べてみよう。

入力欄のところに自分のWebサイトのURLを入れるだけで、モバイルサイトの速度を調べてくれます。

結果は上の画面のように表示されます。

「無料レポートを取得」ボタンを押すと、メールアドレスを入力する欄が表示され、時間を置いて、どのように対策したら良いかのレポートがメールで送られてきます。

Strikinglyを使っている場合、レポートの内容を自分で改善することはできませんが、strikinglyでは表示速度が早くなるような仕組みが既にできています。

GZIP でリソースを圧縮する

例えば、Strikinglyでは、ページ上の圧縮可能なリソースが GZIP圧縮を使って配信されています。

これは本来Webサーバーに設定しなければできない方法ですので、自分でWebサーバーを運用している方はこの対策を自分たちで行わなければなりませんが、Strikinglyを使っている方は既にこの対策が行われています。

画像の表示

strikinglyではたくさんの高画質画像素材が用意されていますし、もちろん自分でも画像をアップロードすることができます。

strikinglyではPCサイトやタブレット、スマホサイトに同時に対応するレスポンシブ(1つのファイルで複数の端末に対応すること)のWebサイトになっています。高画質の画像をそのままスマホサイトで表示してしまうと非常に重たいWebサイトになってしまいますが、実際はそんなことはありません。

Strikinglyでは、imgIXという画像のリアルタイム処理配信サービスと連携しています。

これによって端末によって画像サイズを分けて表示していますので、スマホサイトを表示した場合は、PCサイトで表示される大きい画像ではなく、スマホに適した小さい画像が表示されるようになっています。

SEOに関する記事の中でもいくつか書きましたが、StrikinglyではSEOのための対策もしっかり行われていますので、劇的に表示速度が早いわけではありませんが、安心してご利用頂けるレベルではあると思います。ぜひ自身のWebサイトの表示速度も調査してみてください。

※もし速度が遅い場合は、アップロードしている画像サイズやコンテンツの構成を見直すのも良いかと思います。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等にご確認ください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly